外資系エンジニアパパのお小遣いはどこから?

自動売買取引FXとPythonを駆使して、時間をかけすぎない資産運用を目指します。

USDJPY (米ドル/日本円) 2019年5月2日に更新しました。

お小遣い稼ぎのメイン収益源である株式会社マネースクエアの取引注文トラップリピートイフダン(通称トラリピ)の私のトラップ最新設定を公開します。

 

USD(米ドル)は、世界の基軸通貨ですので、通貨の価値は安定しています。市場の信頼は厚い通貨であり、この通貨を扱っていないFXはありえなく、日本にいながらにしてトレンドの情報を取りやすいのも魅力的ではないでしょうか。

 

対円通貨となるUSDJPYは、値動きが比較的穏やかなため、取り扱いしやすい組み合わせといえるでしょう。

 

順調にお小遣いを底上げしてくれている設定です。もちろん、もっと素晴らしい設定もあると思います!

マネースクエア

 USDJPY(米ドル/日本円) 2019/5/2時点

30秒アニメーション動画

2018年10月のUSDJPYの取引の様子はこんな感じになりました。


実績公開&仮想体験 トラリピをアニメーション動画で楽しもう!

 

 設定公開

 2019年1月20日に最終更新しました。買い→売りのトラップ間隔を0.2円に広げて、リスクを低減しています。2019年5月2日時点で変更なしです。

f:id:EngineeyaPaPa:20190120114443j:plain

 

 

USDJPYトラップの考え方

 

 過去5年の中央値(Median)は 111.530 USD/JPYです。

 過去10年の中央値(Median)は 101.85 USD/JPYです。

 私は、その間をとって、105円がレンジ相場の中央と考え、

 売り→買いレンジ 115~105.1(トラップ0.1円間隔)

 買い→売りレンジ  104.9~95.1(トラップ0.2円間隔)

 で設定を組んでいます。 

 

f:id:EngineeyaPaPa:20190104171235j:plain

リスクマネジメントの考え方

過去10年のMAX値は125.55円、MIN値は75.68円ですので、

この設定のレンジをこれ以上広げないことを前提にすると、

200万円を入金しておけば、円安時に125.65円まで耐えることができます。

200万円を入金しておけば、円高時に64円まで耐えることができます。

 

レンジアウトしても、ハーフ&ハーフに戻ってくるのを待つ耐久作戦です。

 

 

いままでの実現収益

USDJPYは2018年10月が調子がよかったです。トラップを仕掛ける組み合わせ為替を複数にするのがリスク回避のコツだとわかってきました。

 

2018年9月 +26,00円

2018年10月 +22,400円

2018年11月 +82,00円

2018年12月 +42,210円

2019年1月 +118,640円

2019年2月 +0円!!

2019年3月 +0円!!

2019年4月 +0円!!

 

トータル 194,050円の実現収益です。

 

誤解を与えないようにすると、これは含み損を含んでいません。自動売買の戦略的に、ポジションとって、含み損を抱えて、あるターゲットの値幅で決済を繰り返しますので、含み損を抱えないと利益が出せません。

 

つまり、どれだけの含み損に耐えらえるか、常に意識することが、私のような為替のトレンドが読めなくて、FX自動売買に参加している人間の必須条件です。

 

強制ロスカットは絶対ダメと心得ています!

f:id:EngineeyaPaPa:20190502182356j:plain



マネースクエア ポケトラアプリ用

 

                                 f:id:EngineeyaPaPa:20181229030215j:plain