外資系エンジニアパパのお小遣いはどこから?

自動売買取引FXとPythonを駆使して、時間をかけすぎない資産運用を目指します。

EURUSD(ユーロ/米ドル)2019年5月2日に更新しました。

お小遣い稼ぎのメイン収益源である株式会社マネースクエアの取引注文トラップリピートイフダン(通称トラリピ)の私の設定を公開します。

 

EUR/USDの設定は非常に悩ましいです!トレンド相場のように見えなく、下落トレンドのように見えます。ですので、ある中央値を境に行ったり来たりするレンジ相場にはまるトラリピとの相性が、見えないからです。

 

しばらく様子を見て撤退するか、微調整しながらトラップを仕掛け続けるのか判断していきたいと思います。

 

外国為替市場で最も取引されているペアなので、通貨としての安心感はあります。

マネースクエア

 EURUSD(ユーロ/米ドル) 2019/5/2時点

30秒アニメーション動画

2018年10月のEURUSDの取引の様子はこんな感じです。おいおい、含み損や証拠金も並列して並べて、リスクが見えるように工夫したいと考えています。


実績公開&仮想体験 トラリピをアニメーション動画で楽しもう!

 

 設定公開

 2019年1月20日に最終更新した設定です。2019年5月2日時点で変更無しです。

f:id:EngineeyaPaPa:20190120122333j:plain


 

EURUSDトラップの考え方

 

過去5年の中央値(Median)は 1.139 EUR/USDです。

過去10年の中央値(Median)は 1.294 EUR/USDです。

私は、その間をとって、1.19 EUR/USDがレンジ相場の中央と考え、

売り→買いレンジ 1.300~1.192(トラップ0.002ドル間隔)

買い→売りレンジ  1.190~1.051(トラップ0.001ドル間隔)

で設定を組んでいます。 

 

 

本当は、中央値を1.15くらいに落としたいのですが、現時点はその付近にポジションを持っているので、これらが決済された後に、変更する予定です。

 

ユーロ安のモードで安定しているのか、下落相場なのかよくわからないですね。経済状況がよくない国を抱えているので、ユーロ高には当面振れないのではないかと推測していますが、英国のプレグジットもありますし、油断は禁物です。

 

f:id:EngineeyaPaPa:20190104172950j:plain

 

リスクマネジメントの考え方


過去10年のMAX値は1.599円、MIN値は1.039円です。

この設定のレンジをこれ以上広げないとすれば、

200万円を入金しておけば、ドル安時に1.564円まで耐えることができます。

200万円を入金しておけば、ドル高時に1.050円まで耐えることができます。

 

ドル安(ユーロ高)方向は安全策で、0.002ドル間隔に広げていいます。基本的には買い→売りレンジで運営して、外れたら損切りする計画です。

 


いままでの実現収益

EURUSDはそんなに目立った収益源ではない感じです。リスク分散の位置づけでトラップを仕掛けているので、それはそれで重要な役割と考えています。

 

2018年9月 +22,607円

2018年10月 +8,307円

2018年11月 +27,316円

2018年12月 +17,232円

2019年1月 +29,741円

2019年2月 +7,536円

2019年3月 +17,541円

2019年4月 +2,909円

 

 

トータル実現収益 +133,189円

f:id:EngineeyaPaPa:20190502182356j:plain




 

なお、誤解の内容に記載すると、含み損はもちろんありますが、数値として報告していません。毎月初めの値とか参考値として載せてもいいのですが含み損は常に変動するものなので、ほんの気休めにしかならないのですよね。

 

ポジションととって、含み損をかかえて、ターゲットで決済する、を繰り返すので、「どれだけの含み損まで耐えられるのか」を常に考えています。リスク計算が自分でできるようになることがトラリピと長く付き合うための第一歩と考えています!

マネースクエア ポケトラアプリ用

 

                                 f:id:EngineeyaPaPa:20181229030215j:plain