外資系エンジニアパパのお小遣いはどこから?

自動売買取引FXとPythonを駆使して、時間をかけすぎない資産運用を目指します。

9/12(木) 一目でわかる為替の動き5年分まとめ

スポンサードリンク

含み損が解消する方向にトレンド変換してきつつあります。スワップによる損失が大きいのが地味にやらしいですね。今週末は作戦練り直しです。

 

 

1.マネークスエア社の自動取引注文トラリピ編

 トラリピは株式会社マネースクエア の特許取得の取引注文「 トラップリピートイフダン」の略称で、私は2018年8月27日より愛用しています。1400万円入金中で、現時点での累計利益は+143万円程です。

 

f:id:EngineeyaPaPa:20190818182425j:plain

 トラリピに関する解説と口座開設ステップはこちら→【解説】トラリピとは?

 

1.1 為替チャートまとめ

 

f:id:EngineeyaPaPa:20190912081943j:plain

f:id:EngineeyaPaPa:20190912081951j:plain

f:id:EngineeyaPaPa:20190912081957j:plain

f:id:EngineeyaPaPa:20190912082005j:plain

f:id:EngineeyaPaPa:20190912082018j:plain

f:id:EngineeyaPaPa:20190912082032j:plain

 

1.2 トラリピ成績

 

Point

2019年7月の収益 +51,036円

 

f:id:EngineeyaPaPa:20190804155004j:plain

 



 トラリピに関する解説と口座開設ステップはこちら→【解説】トラリピとは?

マネースクエア

 

1.3 【公開】トラリピ設定 (2019年1月20日更新)

 

Point

複数通貨+広レンジトラップにより、リスク分散する方針に変更無し。

 

通貨ペア毎の設定と考え方をリンク先で公開しています。自動取引注文の性質上、為替トレンドがどちらに振れてもよいよう複数通貨ペアにリスクを分散しています。

 

トラリピ設定公開中 

 

 

1.4 トラリピ現状と今後の予定

 

Point

売りポジションと買いポジションの偏りを解消。

 

 

・8通貨ペアにトラップ仕掛け中

USD/JPY、EUR/JPY、EUR/USD、AUD/JPY、AUD/USD、NZD/JPY、NZD/USD、CAD/JPY

・ ドル建てペアが売り→買いレンジに一つもないのが懸念 

(売り→買いレンジ)USDJPY
(買い→売りレンジ)EURJPY、EURUSD、AUDJPY、AUDUSD、NZDJPY、NZDUSD、CADJPY

 

 トラリピに関する解説と口座開設ステップはこちら→【解説】トラリピとは?

マネースクエア

 

 

2.WealthNavi(ウェルスナビ)編

WealthNavi(ウェルスナビ)はCMでおなじみ、資産運用方針の決定・ETF売買・メンテナンスをすべて自動でしてくれるロボアドバイザーです。銀行に預けるのと比較してどうなの?を身を持って検証中すべく運用しています。

 

2.1 WealthNavi ETFチャートまとめ

 

f:id:EngineeyaPaPa:20190912082058j:plain

f:id:EngineeyaPaPa:20190912082106j:plain

 

2.1 WealthNavi運用成績

Point

 ¥115,129  マイナス¥1,997(-1.87%)

 $1084.13  プラス$20.59(+2.14%)

 

2.2 積み立て設定

Point

 初期投資額10万円に1万/月積み立て中

私はリスク許容度は4を選択しています。 

 

2.3 現状と今後の予定

Point

マイナス10%下落で資金200万円増資予定。

 

とりあえず20万円から再積み立てにするべく、30万円出金しました。

 

WealthNaviで扱っているVTI、VEA、VWO、AGG、GLD、IYRのデイリーチャートを毎日更新しています。同じくETFチャートのトレンドチェックしたいという方はぜひ参考にしてみて下さい。

             


                               f:id:EngineeyaPaPa:20181229030215j:plain