外資系エンジニアパパのお小遣いはどこから?

自動売買取引FXとPythonを駆使して、時間をかけすぎない資産運用を目指します。

【自動取引FXトラリピ】自分の分身が12万7千円稼いでくれました。2019年3月の副収入実現収益です。

スポンサードリンク

2019年3月は軟調な収益でした。1月中旬よりトラップの設定を変えていないことを考慮すると、

 自分の分身がパラレルに稼いでくれているわけでして、十分すぎる結果です。私が仕掛けている設定やマージンの取り方は公開しています。

 

 トラリピは株式会社マネースクエア の特許取得の取引注文「 トラップリピートイフダン」の略称で、私は2018年8月27日より愛用しています。

 

 

 トラリピに関する解説はこちら→【解説】トラリピとは?

 マネースクエア 

 

1.トラリピ成績まとめ with Python

1-1.各通貨ペア毎の2019年の実現収益

Point

  2019年3月:トータル+126,831円達成

f:id:EngineeyaPaPa:20190401201303j:plain



 

1-2.各通貨ペア毎の月毎の実現収益

Point

  月平均:+164,417円獲得と十分な副収入

 

f:id:EngineeyaPaPa:20190401201334j:plain

f:id:EngineeyaPaPa:20190401201343j:plain




 

マネースクエア

1-3.各通貨ペア毎の必要証拠金と瞬間最大含み損額、とその内訳

Point

  2018年9月~2019年1月累計:+1,328,328円達

  最低限必要口座入金資金(目安):4,120,427円

  

f:id:EngineeyaPaPa:20190401201838j:plain

f:id:EngineeyaPaPa:20190401201845j:plain



 

 必要口座入金資金(4,120,427円)=必要証拠金(3,332,904円)+過去瞬間最大含み損(2,125,846円)ー累計収益(1,328,323円)で計算しています。

 

実際は、すべてのポジションをとっているわけではなく、各通貨ペアが一斉に含み損最大になったわけではないので、そこまで入金額が必要なかったはずですが、私はこの値をロスカットラインの参考値にしています。

マネースクエア_カナダドル

 

1-4.来月以降の予定

 

デイリーで報告している為替チャートやETFチャートもPythonで一括変換しています。自作ツールなので、自分でしかわからない記述になっていますが、重宝しています。しばらくは、ブログ風にあわせてxkcdスタイルにアレンジしてます。

 

2019年は月初めからプラス40万円越えと、幸先がよいスタートが切れたものの、2月3月はおとなしめでした。しかし、ありがたいのは、自動取引により、ほったらかしにできること、その結果、付加価値の高い生活を送れることができたことです。

 

正月早々、子供と遊ぶ時間が明らかに増えました。クリーニングに出すのにケチらなくなって、アイロン掛けの手間が減った妻が喜んでくれるし。やっぱり行きつくのは時間の大切さですよね。

 

都合のよいことばかり続かないと思いますので、基本はほったらかしで、けど、デイリーのチャートチェックは欠かさず2月もトラリピで資産運用楽しんでいきたいと思います。


目標は月20万円のお小遣い収入ですので、各月でみると、ちょっとばかり足りないです。が、気持ち目標達成といっていい満足感です!

 

ドル建てのポジションバランスの見直しを図りたいですね。

 

 

トラリピ設定公開中

マネースクエア

                                 f:id:EngineeyaPaPa:20181229030215j:plain