外資系エンジニアパパのお小遣いはどこから?

シンプルイズベスト。資産運用に無駄に時間をかけすぎるのは本末転倒ですよね。

2019年1月15日火 30秒でチャートチェック! トラリピ&WealthNavi向け最新為替&ETFチャートまとめ

スポンサードリンク

EU離脱協定の採決があるので、注意は必要に思っています。今朝の時点で、トラリピ決済通知があんまり来てないですね。いまのところ、相場の変動は少なかったのでしょう。トラリピレンジの設定の変更はしません。

 

 

最新トラリピ為替チャート

 2019年1月15日時点のデイリー為替チャートです。(1月14日まで)

 

トラリピは株式会社マネースクエアの特許取得の取引注文「 トラップリピートイフダン」の略称で、去年9月より愛用しています。

 

f:id:EngineeyaPaPa:20190115083259j:plain

f:id:EngineeyaPaPa:20190115083306j:plain

f:id:EngineeyaPaPa:20190115083314j:plain

f:id:EngineeyaPaPa:20190115083322j:plain

長期投資前提の運用ですが、私は心配性&チキンな性格ですので、私がトラリピでトラップを仕掛けているUSD/JPY、EUR/JPY、EUR/USD、AUD/JPY、AUD/USD、NZD/JPY、NZD/USD、CAD/JPYの8つの為替デイリーチャートを毎日更新チェックします。

 

同じようなレンジでトラップを仕掛けていて、まとめて複数の為替チャートチェックsれた方はぜひ参考にして下さい。私はハーフ&ハーフと組合わせてトラップを仕掛けています。またレンジアウトした場合は、基本はレンジを広げるなどして追いかけません。追いかけるとしても、2円幅くらいで広げる戦略で、2-3日検討してから採用する超慎重派です。

 

チャート見る限り、やはり動きがありません。EU離脱協定の採決のイベントでどのようなトレンドになるか要チェックですね。

 

売り→買いレンジにいる為替組み合わせ・・・2つ
USDJPY(ドル/日本円)

NZDJPY(NZドル/日本円)


買い→売りレンジにいる為替組み合わせ・・・6つ

EURJPY(ユーロ/日本円)

EURUSD(ユーロ/ドル)

AUDJPY(豪ドル/日本円)

AUDUSD(豪ドル/ドル)

NZDUSD(NZドル/ドル)

CADJPY(カナダドル/日本円)

   

いままでの実績

2018年9月1日からトラリピ始めて、トータル+693,424円の実現収益になります!内訳は、こんな感じです。

f:id:EngineeyaPaPa:20190101123914p:plain

  

↓トラリピMy設定&考え方 こちらもどうぞ!↓(2019年1月4日更新)

USDJPY(米ドル/日本円)

EURJPY(ユーロ/日本円)

EURUSD(ユーロ/米ドル)

AUDJPY(豪ドル/日本円)→2018年11月より両建て検証中!

AUDUSD(豪ドル/米ドル)

NZDJPY(NZドル/日本円)

NZDUSD(NZドル/米ドル)

CADJPY (カナダドル/日本円)

30秒アニメーション動画まとめ → おススメ!イメトレ&仮想体験できます。

トラリピトップ → いままでの実現収益まとめ

最新デイリー為替チャート → ブログトップページへ

 

  

WealtNavi ETFチャート

 2019年1月15日時点のデイリーETFチャートです。(1月14日まで)

 

長期投資前提で、当面利確するつもりはないですが、WealthNaviで扱っているVTI、VEA、VWO、AGG、GLD、IYRのデイリーチャートが気になるので、毎日更新チェックしています。私と同じように、簡便にETFトレンドチェックしたいという方はぜひ参考にして下さい。

f:id:EngineeyaPaPa:20190115083700j:plain

f:id:EngineeyaPaPa:20190115083708j:plain



2019年の1月15日時点の資産評価額 

 ¥2,319,540 -¥161,576(-6.51%)

 $21,413.80 -$1,242.22(-5.48%)

 

2019年の1月10日時点で、投資額250万円に3万/月積み立てですので引き続き継続します。WealthNaviは特にやることは無く、淡々とデイリーチェックするのみです。ドルコスト平均法が吉とでるのか凶とでるのか楽しみです。

 

徐々に回復してきましたが、以前とマイナスが6%台です。マイナスが11%台ときに、一気に増資していれば、プラス5%と思うと、キャピタルゲイン的な使い方でもいけるのかもですね。チャート見る感じやはりVTIが支配的ですね。VTIが落ちると、GLDが上がるのもわかりますね。すべての指標が上向きに動いているように見えるのが救いです。あとは為替ですね。円安にふれてくれるといいのですが。

 

                                 f:id:EngineeyaPaPa:20181229030215j:plain