外資系エンジニアパパのお小遣いはどこから?

自動売買取引FXとPythonを駆使して、時間をかけすぎない資産運用を目指します。

2019年1月5日 トラリピ 最新為替チャート(冷静に)

スポンサードリンク

円高時のリスク管理を再見直し、設定反映しました。

 2019年1月5日時点のデイリー為替チャートです。(1月4日まで)

f:id:EngineeyaPaPa:20190105102325j:plain

f:id:EngineeyaPaPa:20190105102335j:plain

f:id:EngineeyaPaPa:20190105102344j:plain

f:id:EngineeyaPaPa:20190105102351j:plain



売り→買いレンジにいる為替組み合わせ・・・2つ
USDJPY(ドル/日本円)

NZDJPY(NZドル/日本円)


買い→売りレンジにいる為替組み合わせ・・・6つ

EURJPY(ユーロ/日本円)

EURUSD(ユーロ/ドル)

AUDJPY(豪ドル/日本円)

AUDUSD(豪ドル/ドル)

NZDUSD(NZドル/ドル)

CADJPY(カナダドル/日本円)

 

 

長期投資前提の運用ですが、私は心配性&チキンな性格ですので、私がトラリピでトラップを仕掛けているUSD/JPY、EUR/JPY、EUR/USD、AUD/JPY、AUD/USD、NZD/JPY、NZD/USD、CAD/JPYの8つの為替デイリーチャートを毎日更新チェックします。

 

同じようなレンジでトラップを仕掛けていて、自分で為替チャートチェックするのが面倒くさいっ!という方はぜひ参考にして下さいね。

 

1月3日の円高で利益はでたものの、 

円高に振れると、

USDJPY(ドル/日本円)

NZDJPY(NZドル/日本円)

EURJPY(ユーロ/日本円)

AUDJPY(豪ドル/日本円) 

CADJPY(カナダドル/日本円)

が暴落する、

あるいはこれら5つすべてが売り→買いレンジに入ってると利益が上がる、

ことを痛感したイベントでした。

 

このイベントにより、

EURJPY(ユーロ/日本円)

が、買い→売りレンジに入ってしまいました。

 

そこで、リスク管理として、今年はEURに何があるのかわからないことも考慮し、EURJPYのトラップ幅設定を半分に見直し、さらに300万円追加入金しました。

 

欲をださないように初心を忘れずにディフェンシブにいきたいと思います。

 

いままでの実績

2018年9月1日からトラリピ始めて、トータル+693,424円の実現収益になります!内訳は、こんな感じです。

f:id:EngineeyaPaPa:20190101123914p:plain

  

↓トラリピMy設定&考え方 こちらもどうぞ!↓(2019年1月4日更新)

USDJPY(米ドル/日本円)

EURJPY(ユーロ/日本円)

EURUSD(ユーロ/米ドル)

AUDJPY(豪ドル/日本円)→2018年11月より両建て検証中!

AUDUSD(豪ドル/米ドル)

NZDJPY(NZドル/日本円)

NZDUSD(NZドル/米ドル)

CADJPY (カナダドル/日本円)

30秒アニメーション動画まとめ → おススメ!イメトレ&仮想体験できます。

トラリピトップ → いままでの実現収益まとめ

最新デイリー為替チャート → ブログトップページへ

                                 f:id:EngineeyaPaPa:20181229030215j:plain