外資系エンジニアパパのお小遣いはどこから?

シンプルイズベスト。資産運用に無駄に時間をかけすぎるのは本末転倒ですよね。

AUDJPY(豪ドル/日本円)2019年5月2日に更新しました。

2018年9月より愛用している株式会社マネースクエアの株式会社マネースクエアの取引注文トラップリピートイフダン(通称トラリピ)の私の最新設定を公開します。

 

AUD(豪ドル)は、原油や金などの資源の価格に左右される特徴があり、世界的には取引量は多くないものの、日本人にはなじみのある通貨です。中国と密接な経済活動をしているため、中国経済の影響も受ける特徴をしています。

 

AUDJPYの通貨ペアのトレンドをチェックすると、同じ資源国のNZドルとも似たようなトレンドをしていますね。米ドルとも似ています。つまりアメリカ、中国、日本の経済状況の影響を受ける通貨ペアです。

 

このAUDJPYの通貨ペアだけ、両建てトラップを仕掛けています。いまのところ順調ではありますが、まだ検証中なので、予定を変更して、ハーフ&ハーフに戻すかもしれません。

 

より自分の生活スタイルに合った設定をめざしたいと思います。

マネースクエア

 AUDJPY(豪ドル/日本円) 2019/5/2時点

30秒アニメーション動画

2018年10月のAUDJPYの取引の様子はこんな感じです。ちょっと見にくいですが、売りと買いが同時進行するので、決済回数も多いです。


実績公開&仮想体験 トラリピをアニメーション動画で楽しもう!

 

 設定公開

  2019年1月4日に最終更新した設定です。2019年5月時点で変更してないです。

f:id:EngineeyaPaPa:20190104173300j:plain



AUDJPYトラップの考え方

 過去5年の中央値(Median)は 86.28 AUD/JPYです。

 過去10年の中央値(Median)は 84.46 AUD/JPYです。

私は、85 AUDJPYがレンジ相場の中央と考えていますが、AUDJPYのみ2018年11月から81.1円から85円の間で両建てレンジラップの効果検証を試みています。

 

 売り→買いレンジ 90~81.1(トラップ間隔0.1円)

 買い→売りレンジ  85~75.1(トラップ間隔0.1円)

で設定を組んでいます。

 

個人的には、10年チャートの形が理想的なレンジ相場なので、稼ぎ頭として期待していることもあり、両建て検証の候補にしました!

 

f:id:EngineeyaPaPa:20190104173314j:plain

リスクマネジメントの考え方

過去10年のMAX値は105.20円、MIN値は55.80円です。

 

この設定のレンジをこれ以上広げないとすれば、200万円を入金しておけば、円安時に104.36円まで耐えることができ、200万円を入金しておけば、円高時に63.25円まで耐えることができます。


あとは、米国と中国経済の影響を受ける通貨ペアですので、日々のアンテナを高くすることを心がけています。2009年には105→55AUD/JPYまで暴落してるので、レンジアウトした場合は、追いかけずに含み損の膨らみに堪える資金を投入し、センターラインに戻ってくるまで待つ作戦です。

 

いままでの実現収益

AUDJPYは2018年11月が調子がよかったです。両建てを開始したからかもしれませんが、調子に乗らず、このまま様子見です。

2018年9月 +22,500円

2018年10月 +32,850円

2018年11月 +48,760円

2018年12月 +45,870円

2019年1月 +38,140円

2019年2月 +17,600円

2019年3月 +7,800円

2019年4月 +16,910円

 いままでの実現収益は、+230,430円です!

f:id:EngineeyaPaPa:20190502182356j:plain



両建てしていることもあり、含み損に関しては他通貨ペアよりセンシティブにアンテナを張っている必要があります。

 

現在は、株価のみならず為替もヘッジファンドによる仕掛けで十分価格変動が起こりうるので、どれだけの含み損に耐えうるのかを意識しながら運用することが肝でしょう。

マネースクエア ポケトラアプリ用

 

                                 f:id:EngineeyaPaPa:20181229030215j:plain